運転手が病死したことで起きた多重事故 福島県福島市南沢又の県道

2018年2月6日午前8時25分ごろ、福島県福島市南沢又の県道で、乗用車が対向車と接触事故を起こし、後続の軽乗用車と正面衝突した事故がありました。

この事故で、乗用車を運転していた会社員の男性(50)は病院に搬送され、1時間後に搬送先の病院で死亡が確認されましたが、死因は病死でした。

事故に巻き込まれた方々に怪我人はでませんでした。

事故の状況について

乗用車は対向車線に飛び出す前に、道路わきの縁石に乗り上げた痕跡もあったということです。

事故に巻き込まれた対向車を運転していた男性(70)と正面衝突した軽乗用車を運転していた男性(45)に怪我はなく、亡くなられた会社員の男性は会社を早退し、帰宅途中だったということです。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

病死や発作が原因の交通事故の自動車保険の支払いについて

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA