自転車に乗る大久保好吉さん(81)が大型トラックにはねられ死亡 埼玉県行田市下須戸の国道125号線

2018年2月6日午前0時過ぎ、埼玉県行田市下須戸の国道125号線で、久喜市菖蒲町台に住む大久保好吉さん(81)が自転車で走行中、後ろから走ってきた大型トラックにはねられる事故がありました。

この事故で、大久保さんは病院に搬送されましたが、全身を強く打つなどしていて、まもなく搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察はトラックを運転していた群馬県東吾妻町に住む会社員の上原貴容疑者(54)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しています。

警察の調べに対して上原容疑者は「直前に気づいてハンドルを切ったが間に合わなかった」と容疑を認めているということです。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180206-00010001-teletamav-l11

事故の状況について

事故の現場は見通しの良い片側2車線の直線道路で、大型トラックが自転車と衝突する直前に、上原容疑者が回避しようとハンドルを切った際に、右側車線を走っていた乗用車に乗っていた男性(26)にも軽傷を負わせてしまいました。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA