男子高校生(16)が軽乗用車にはねられた事故 宮城県仙台市泉区泉中央のT字路交差点

2018年2月5日午後7時ごろ、宮城県仙台市泉区の市道で、自転車に乗っていた男子高校生(16)が軽乗用車にはねられる事故がありました。

この事故で、男子高校生は病院に搬送されており、胸などを強く打ち鎖骨を折る重傷となっていますが、命に別状はないということです。

軽乗用車を運転していた40代の女性に怪我はありませんでした。

警察では男子高校生から事情を聴くなどして事故の詳しい原因を調べることにしています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180206-00010000-khbv-l04

事故の状況について

事故の現場は宮城県仙台市泉区泉中央の片側一車線のT字路交差点で、横断歩道を渡っていた自転車の男子高校生が、右から来た軽乗用車と衝突しました。

怪我をされた方が一日でもはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA