高齢の男性がひき逃げされた事故で少年(19)を逮捕 愛知県名古屋市中区

2018年2月4日午前9時過ぎに、愛知県名古屋市中区の交番近くの横断歩道で、70歳の男性が車にひき逃げされる事故がありました。

この事故で、はねられた男性は左足の骨を折る重傷を負っています。

警察は過失運転傷害とひき逃げの疑いで、車を運転していた愛知県名古屋市南区に住む飲食店店員の少年(19)を逮捕しています。

少年は警察の取り調べに対して「間違いありません」と容疑を認めているということです。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180205-00177592-nbnv-l23

事故の状況について

愛知県名古屋市中区栄の交差点で、横断歩道を歩いて渡っていた70歳の男性が軽自動車にひき逃げされた事故で、事故の現場のすぐ近くには交番がありました。

事故当時の交番はパトロール中で警察官が不在だったということです。

警察は軽自動車が交差点を右折する際、男性にぶつかったとみて調べています。

補足関連記事

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA