猪俣忠康さん(83)が運転するバイクが看板に衝突して死亡 東京都品川区の首都高の入り口

2018年2月3日午後1時過ぎに、東京都品川区の首都高の入り口で、閉鎖を示すビニール製の看板に、83歳の男性が運転するバイクが突っ込む事故がありました。

この事故で、バイクを運転していた猪俣忠康さん(83)が死亡しました。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180205-00010001-houdoukvq-soci

事故の状況について

事故の現場の道路には、看板を避けようとした跡はなく、警視庁はくわしい事故の原因を調べています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

単独事故を起こした運転手や同乗者の怪我の治療費や保険金について

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA