交通事故 車13台が絡む多重事故で、炎上した車の女性が死亡 滋賀県大津市の京滋バイパス

2018年2月5日午前10時半ごろ、滋賀県大津市の国道のバイパスで、車13台が絡む多重事故がありました。

この事故で、トラックに追突された乗用車が炎上し、運転していた女性が死亡しました。

また、ほかの車に乗っていた男性4人も軽傷を負っています。

警察は最初に乗用車に追突して事故のきっかけを作ったトラックを運転をしていた大阪府茨木市に住む砂坂貢容疑者(55)をその場で逮捕しました。

事故の状況について

事故の現場は滋賀県大津市の京滋バイパスの上り車線の南郷インターチェンジからおよそ1キロ離れた2車線のまっすぐな道路です。

最初にトラックが乗用車に追突し、その後、後続の車が次々と衝突したとみられています。

警察は亡くなった女性の身元の確認を進めるとともに、事故の詳しい状況を調べています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

高速道路で同一車線の追突事故があった場合の過失割合について

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA