交通事故 横断歩道を渡っていた歩行者が25tのクレーン車にはねられ死亡 兵庫県神戸市中央区南本町通の交差点

2018年2月5日午前7時40分ごろ、兵庫県神戸市中央区南本町通の交差点で、横断歩道を渡っていた歩行者が25tのクレーン車にはねられる事故がありました。

この事故で60代くらいの男性が死亡しています。

警察はクレーン車を運転していた茅原一成容疑者(45)を過失運転致死の現行犯で逮捕しました。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180205-12123358-kantelev-l28

事故の状況について

警察によるとクレーン車は新車のため仮登録状態で、神戸港から石川県の陸運事務局に向かう途中だったということです。

警察は男性の身元の確認をするとともに、事故の詳しい状況を調べています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA