交通事故 長尾双花ちゃん(3)がタクシーにはねられ死亡 広島県福山市

事故の概要

2018年2月4日午後9時前に、広島県福山市で、母親と道路を横断中の女の子(3)がタクシーにはねられる事故がありました。

この事故で、長尾双花ちゃん(3)が病院に搬送されましたが、1時間後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察はタクシー運転手の前方不注意が事故の原因とみて調べています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180205-00000015-nnn-soci

事故の状況について

現場事故は福山駅から約400メートルの市道で、信号機や横断歩道もない交差点を左折するタクシーが、母親の後ろについて道路を渡っていた双花ちゃんをはねたとみられています。

双花ちゃんはタクシーの左前輪に腹部をひかれていて、目撃者の話では、双花ちゃんが歩いていたときにふらついて事故にまきこまれてしまった可能性があるということでした。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

横断歩道じゃない場所を横断する歩行者をはねてしまった場合の過失割合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA