交通事故 軽自動車がガードレールに突っ込む事故 三重県亀山市の名阪国道の関トンネル

事故の概要

2018年2月4日午前10時前に、三重県亀山市の自動車専用道路の関トンネルの出口付近で、軽自動車がガードレールに突っ込む事故がありました。

この事故で、軽自動車を運転していた大阪府大阪市に住む江端勇貴さん(23)と兵庫県神戸市に住む女性(23)が病院に搬送されましたが、ふたりとも搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察が事故の原因を調べています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180204-00000023-nnn-soci

事故の状況について

名古屋方面へ向かって走っていた軽自動車がガードレールに突っ込んだ事故で、目撃者の情報によると、左カーブにもかかわらず、車はそのまま直進し、ガードレールに衝突したということです。

事故の現場は、制限速度が時速60キロの自動車専用道路の片側2車線の左カーブで下り坂になっていて、衝突の衝撃でガードレールが車内にまで突き刺さった状態だったということです。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

単独事故を起こした運転手や同乗者の怪我の治療費や保険金について

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA