交通事故 大坪貞保さん(77)が乗用車にはねられた事故 山口県下関市元町の市道

事故の概要

2018年2月1日午後7時45分ごろ、山口県下関市元町の市道で、道路を歩いて渡っていた高齢の男性が乗用車にはねられる事故がありました。

この事故で、近くに住む大坪貞保さん(77)が意識不明の状態で病院に搬送されており、骨盤を骨折するなどの重傷を負いました。

その後、意識は回復し、容体が回復しつつあるということです。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180202-00000001-tysv-l35

事故の状況について

事故の現場は見通しのよい片側1車線の直線道路で、信号機と横断歩道がない交差点です。

警察では、乗用車が前をよくみていなかった可能性もあるとみて事故の原因を詳しく調べています。

怪我をされた方が一日でもはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA