交通事故 乗用車など10台が絡む多重事故 鹿児島県鹿児島市の国道225号

事故の概要

2018年2月1日午前8時半過ぎに、鹿児島県鹿児島市坂之上の国道225号で、乗用車など10台ほどが絡む事故がありました。

この事故で、軽乗用車を運転していた男性が頭や足にけがをするなど、合わせて3人が病院に搬送されましたが、全員、命に別条ないということです。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00027796-mbcnewsv-l46

事故の状況について

20代の男性が運転する軽乗用車が、前の車を追い越そうと反対車線に出て走行した際、対向車や前にいた車と接触したり衝突するなどして車10台が絡む事故となりました。

事故の現場は片側1車線の追い越し禁止の区間で、警察で事故の原因を調べています。

怪我をされた方が一日でもはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

無責事故とは何か?

交通事故の重過失事故とは?「重過失減額制度」について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA