交通事故 車3台が絡む玉突き事故で、最初に追突した運転手が逃走 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央の国道15号線

事故の概要

2018年1月31日午前3時45分ごろ、神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央の国道15号線で、車3台が絡む玉突き事故がありました。

この事故で、30代の男性が病院に搬送されていて、首を打つなどして軽傷を負っています。

初めに追突した乗用車の運転手が車を置いたまま現場から逃走していて、県警がひき逃げ事件として捜査しています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180131-00010000-tvkv-soci

事故の状況について

信号待ちをしていたトラックに乗用車が追突し、追突されたトラックが事故のはずみで別のトラックに衝突した事故です。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

ひき逃げや自賠責保険に加入していない事故の被害者になった場合の対応方法

ひき逃げ事故の検挙率、発生件数などの実際の数値について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA