交通事故 大型トレーラーと乗用車が衝突し、歩行者が巻き込まれた事故で、藤田裕子容疑者(48)を逮捕 兵庫県神戸市中央区港島8の市道交差点

事故の概要

2018年1月30日午前8時40分ごろ、兵庫県神戸市中央区港島8の市道交差点で、大型トレーラーと乗用車が衝突し、事故のはずみでトレーラーが歩道に突っ込み、歩行者2人をはねました。

この事故で、乗用車を運転していた会社員の男性(34)と歩行者の会社員の男性(30)、短大生の少年(18)の計3人が頭などに重軽傷を負っています。

いずれも命に別条はないということです。

警察はトレーラーを運転していた同市西区に住む会社員の藤田裕子容疑者(48)を自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕しています。

藤田容疑者は警察の調べに対して「信号をよく確認していなかった」と話しているということです。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180131-00010000-asahibc-l28.view-000

事故の状況について

交差点で、大型トレーラーが右折しようとしていた乗用車と衝突し、ぶつかったはずみでトレーラーが歩道に乗り上げました。

事故の現場にはガラスが散乱し、木がなぎ倒されていました。

怪我をされた方が一日でもはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA