交通事故 ゴミ収集車が横断歩道をわたる男性をはねて死亡させた事故で、藤川啓二容疑者(60)を逮捕 奈良県奈良市あやめ池北の県道

事故の概要

2018年1月30日午前4時40分ごろ、奈良県奈良市あやめ池北の県道で、横断歩道を渡っていた男性がごみ収集車にはねられる事故がありました、

この事故で、はねられた60歳くらいの男性は病院に搬送されましたが、搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察は車を運転していた廃棄物収集会社の社員の藤川啓二容疑者(60)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。

藤川容疑者は警察の取り調べに対して「接触する直前に背中が見えたが間に合わなかった」と話しているということです。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180130-00000020-mbsnewsv-l29

事故の状況について

ごみ収集車が交差点を右折する際に、横断歩道を渡っていた男性をはねた事故です。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

横断歩道を渡る歩行者をはねてしまった場合の過失割合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA