交通事故 南浦一幸容疑者(54)が飲酒運転で追突事故 奈良県上牧町上牧

事故の概要

2018年1月28日午後4時20分ごろ、奈良県上牧町上牧の県道で、奈良県大和郡山市の職員の南浦一幸容疑者(54)が、軽乗用車を酒気帯び運転して追突事故を起こしたため、現行犯逮捕されました。

警察の調べに対して南浦容疑者は「飲酒をしたあとに車を運転した結果、事故を起こしました」と容疑を認めているということです。

事故の状況について

南浦容疑者は、奈良県上牧町上牧の県道で、交差点で信号待ちをしていた車に追突する事故を起こしていて、駆け付けた警察官が調べたところ、南浦容疑者の呼気から基準値を超えるアルコールが検出されたということです。

補足関連記事

飲酒運転で事故を起こした場合、地方公務員は物損事故でも免職になるところが多いです。

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

飲酒運転の自動車の交通事故の被害者になった場合、保険はどうなるの?

飲酒運転で交通事故を起こした地方公務員の懲戒処分の基準について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA