交通事故 乗用車が電柱に衝突する事故 北海道苫小牧市樽前の市道

事故の概要

2018年1月27日午前11時過ぎに、北海道苫小牧市樽前の市道で、乗用車が電柱に衝突する事故がありました。

この事故で、乗用車を運転していた北海道苫小牧市に住む歯科技工士の永井善昭さん(64)が、ドクターヘリで病院に搬送されましたが、頭の骨を折っていて意識不明の重となっています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180127-00000007-htbv-hok

事故の状況について

事故の現場は見通しの良い直線道路で、路面はアイスバーンでした。

乗用車は路肩に落ちていて、運転席側のドアが電柱が直撃していました。

警察は乗用車がスリップした可能性があるとみて、事故の原因を調べています。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

単独事故を起こした運転手や同乗者の怪我の治療費や保険金について

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA