交通事故 西武池袋線の電車の側面に乗用車が衝突する事故 埼玉県飯能市

事故の概要

2018年1月26日午前11時半ごろ、埼玉県飯能市で、西武池袋線の電車の側面に乗用車が衝突する事故がありました。

この事故で、車を運転していた70代の男性が病院に搬送されましたが、意識不明の重体となっています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180126-00000062-nnn-soci

事故の状況について

乗用車を運転していた男性は踏切近くの駐車場に停車し、親族の女性と運転を代わろうとしたが、女性がパーキングブレーキを下ろせなかったため、再び男性が運転席に乗ったところ、アクセルとブレーキを踏み間違えて急発進し、踏切に入ったとみられています。

乗用車は踏切を通過する急行列車の後ろから3両目の側面に衝突し、大破したということです。

親族の女性には怪我はありませんでした。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

無責事故とは何か?

交通事故の重過失事故とは?「重過失減額制度」について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA