交通事故 乗用車が対向車線に飛び出し、トラックと衝突する事故 長野県長和町の国道142号

事故の概要

2018年1月25日午後1時過ぎに、長野県長和町の国道142号で、乗用車が対向車線に飛び出し、トラックと衝突する事故がありました。

この事故で、乗用車の後部座席に乗っていたフィリピン国籍で、長野県塩尻市広丘高出に住む研修生のピネダ・ジェド・ベニシアさん(37)が、松本市内の病院に運ばれましたが、体を強く打っていて、搬送先の病院で死亡が確認されました。

またトラックを運転していた長野県塩尻市片丘に住む会社員の百瀬芳治さん(56)に怪我はありませんでした。

警察は乗用車を運転していた同じフィリピン国籍の研修生のガルシア・ジョイソン・イシップ容疑者を、過失運転致死の疑いで逮捕しています。

事故の状況について

イシップ容疑者の車は新和田トンネルに向かう上りの右カーブで対向車線にはみ出したということで、詳しい原因を調べています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

正面衝突事故の場合、回避不能のタイミングで、被害者が対向車線に飛び出していた場合には、双方が動いていても無責事故になり、損害賠償請求することができない可能性があります。

無責事故とは何か?

交通事故の重過失事故とは?「重過失減額制度」について

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA