交通事故 女性が軽トラックにはねられた事故で、鈴木真一容疑者(43)を逮捕 愛知県名古屋市天白区原の県道

事故の概要

2018年1月25日午前9時25分ごろ、愛知県名古屋市天白区原の県道で、軽トラックが歩道に乗り上げ、歩いていた70代とみられる女性をはねる事故がありました。

この事故で、女性は病院に搬送されましたが、頭などを強く打っていて、意識不明の重体となっています。

警察は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、軽トラックを運転していた愛知県豊田市上郷町に住む会社役員の鈴木真一容疑者(43)を現行犯逮捕しています。

鈴木容疑者は警察の取り調べに対して「スリップしてはねてしまった」と話しているということです。

事故の状況について

事故当時の路面は雪の影響で凍結していたということでした。

怪我をされた方が一日でもはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA