交通事故 少年(18)が運転する軽乗用車にはねられた中村順孝さん(75)が死亡 大阪府松原市北新町の府道

事故の概要

2018年1月24日午後5時55分ごろ、大阪府松原市北新町の府道で、自転車に乗って道路を横断していた同市天美東に住む中村順孝さん(75)が、建設作業員の少年(18)が運転の軽乗用車にはねられる事故がありました。

この事故で、中村さんは病院に搬送されましたが、腰などを打っており、約7時間後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察は自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で、少年から事情を聴くとともに、今後は容疑を同法違反(過失致死)に切り替え、事故の原因を調べる方針です。

事故の状況について

事故の現場は見通しの良い直線道路で、横断歩道や交差点はありませんでした。

中村さんは病院に搬送された当初は意識はあり、軽傷の見込みでしたが、容体が急変したということです。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

未成年者が起こした交通事故の本人と保護者の3つの責任について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA