交通事故 須賀トミ子さん(86)が軽乗用車にはねられ死亡 鹿児島県曽於市

事故の概要

2018年1月24日午後2時半ごろ、鹿児島県曽於市で、須賀トミ子さん(86)が須賀さんの妹(77)が運転する軽乗用車にはねられる事故がありました。

この事故で、須賀さんは病院に搬送されましたが、全身を強く打っていて、約2時間半後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

軽乗用車を運転していた妹は警察の取り調べに対して「姉が後ろにいることに全く気付かなかった」と話しているということです。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180125-00000007-ann-soci

事故の状況について

鹿児島県曽於市で、軽乗用車が車道に出ようとバックしていたところ、車の後ろにいた須賀トミ子さんをはねました。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

自動車保険(任意保険)で保険金が支払われない場合(免責事項)

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA