交通事故 軽トラックと乗用車が正面衝突 宮城県仙台市太白区茂庭の国道286号線

事故の概要

2018年1月24日午前7時20分ごろ、宮城県仙台市太白区茂庭の国道286号線で、軽トラックと乗用車が正面衝突する事故がありました。

この事故で、軽トラックを運転していた男性(65)が病院に搬送され、足の骨を折る重傷を負っています。

警察ではスリップ事故とみて調べています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180124-00000003-tbcv-l04

事故の状況について

事故当時の路面は凍結していて、現場の状況から乗用車がスリップして対向車線にはみ出したとみられています。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

正面衝突事故の場合、回避不能のタイミングで、被害者が対向車線に飛び出していた場合には、双方が動いていても無責事故になり、損害賠償請求することができない可能性があります。

無責事故とは何か?

交通事故の重過失事故とは?「重過失減額制度」について

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA