交通事故 女性ふたりがトラックにはねられ、大友理佐さん(24)が死亡、柳沢奈於さん(20)が重体 福島県相馬市日下石の国道

事故の概要

2018年1月24日午前3時40分ごろ、福島県相馬市日下石の国道で、女性2人がトラックにはねられる事故がありました。

この事故で、2人は病院に搬送されましたが、福島県新地町谷地小屋に住む大友理佐さん(24)が全身を強く打っており、搬送先の病院で2時間後に死亡が確認されたほか、南相馬市に住む柳沢奈於さん(20)も意識不明の重体となっています。

警察の調べに対し、トラックを運転していた男性は「2人が歩いていることに気付かなかった」と話しているということです。

犯人逮捕 2018.1.26追記

相馬署は2018年1月25日午前0時20分ごろ、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)とひき逃げの疑いで、大型トラックを運転していた茨城県神栖市に住むトラック運転手の男性容疑者(39)を逮捕しました。

容疑者の男性は「何かにぶつかった」と衝突に気付いたものの、しばらく走行を続けた後、現場に戻って2人が倒れているのを見つけ、110番通報したということです。

容疑者の男性は警察の取り調べに対して、人をはねたことは認めていますが「現場に戻ったのでひき逃げではない」と容疑を一部否認しているということです。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180124/k10011300271000.html

事故の状況について

事故の現場は片側1車線の直線道路上で、近くに街灯はなく、事故当時の道路脇の歩道には雪が10センチほど積もっていました。

警察は2人は雪がある歩道を避けて車道を歩いていた可能性もあると見て事故の詳しい状況を調べています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA