交通事故 嶋野勝三さん(89)が死亡した事故で、芽室町の職員の大浦啓介容疑者(35)を逮捕 北海道芽室町新生

事故の概要

2018年1月22日午前9時半ごろ、北海道芽室町新生の交差点で、芽室町役場の道路パトロール車と乗用車が出合い頭に衝突し、さらに事故のはずみで乗用車が軽乗用車にもぶつかる事故がありました。

この事故で、乗用車の後ろの座席に乗っていた北海道芽室町に住む嶋野勝三さん(89)が病院に搬送されましたが、間もなく搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察は道路パトロール車を運転していた芽室町の職員の大浦啓介容疑者(35)を過失運転致傷の現行犯で逮捕しました。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180122-00000004-hokkaibunv-hok

事故の状況について

事故現場には大浦容疑者側に一時停止の標識があり、路面は凍結していたということです。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

優先道路であっても滑って止まれない車が飛び出してくる可能性があるので、油断できない時期になっています。

信号機のない交差点での出会い頭の事故における過失割合について

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA