交通事故 相鉄バスの「よこはま動物園」行きのバスがが電柱に衝突する事故 神奈川県横浜市旭区笹野台

事故の概要

2018年1月22日午後2時10分ごろ、神奈川県横浜市旭区笹野台で、相鉄バスの「よこはま動物園」行きのバスがが電柱に衝突する事故がありました。

この事故で、40代のバスの運転手が軽傷を負っています。

このバスには乗客が10人ほどいましたが、怪我人は出なかったということです。

警察は、雪の影響でバスの制御ができなくなり事故が起きたと見て調べています。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180122/k10011297451000.html

事故の状況について

事故の現場は、横浜市の相鉄線三ツ境駅から北に150メートルほどの直線道路で、事故当時の路面には雪が積もっていて、警察は雪の影響で事故が起きたと見て調べています。

相鉄バスを運行する相鉄グループによりますと、事故のあと乗客はバスを降りて別の交通機関で移動したということです。

相鉄グループは「乗客の方々にはご迷惑をおかけしました。再発防止に努めます」と話しています。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

道路標識や街路樹などの公的なものを壊した場合の損害賠償額の相場について

単独事故を起こした運転手や同乗者の怪我の治療費や保険金について

バスが交通事故を起こした場合の乗客への損害賠償について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA