交通事故 乗用車とダンプカーが衝突し、高橋保さん(69)が道路に投げ出され重傷 北海道札幌市清田区有明の道道

事故の概要

2018年1月22日午前6時ごろ、北海道札幌市清田区有明の道道で、乗用車とダンプカーが衝突する事故がありました。

この事故で、乗用車を運転していた札幌市清田区里塚緑ヶ丘に住む高橋保さん(69)が車外に投げ出され、腰や胸などを強く打ち、意識不明の状態で病院に運ばれました。

その後、高橋さんは意識を取り戻しましたが、重傷を負っているということです。

ダンプカーの運転手には怪我はありませんでした。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180122-00000001-htbv-hok

事故の状況について

事故の現場は、信号のない直線道路で、事故当時、路面は圧雪アイスバーンだったということです。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

運転手が車外に投げ出されていることから、シートベルトをしていなかった可能性があります。

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA