交通事故 男児(4)をひき逃げしたタクシーが後続車が追跡して通報 兵庫県神戸市長田区大橋町4の市道

事故の概要

2018年1月21日午後11時半過ぎに、兵庫県神戸市長田区大橋町4の市道で、同区に住む男児(4)がタクシーにひき逃げされる事故がありました。

この事故で、男児は頭などに怪我を負っています。

警察は、ひき逃げと自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで、神戸市兵庫区に住むタクシー運転手の男性(69)を逮捕しました。

運転手の男性は、警察の取り調べに対して「気が動転して逃げてしまった」と容疑を認めているという。

事故の状況について

タクシーの後方を走行中の乗用車の男性(46)が、男児がひかれた瞬間を目撃し、スマホでナンバーを撮影した上、約2キロにわたって追跡し、同区内の信号待ちで停止した男に「あんた、ひき逃げしたやろ」と声を掛け、警察に通報したということです。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA