交通事故 路上に倒れていた鈴木法子さん(40)が乗用車にはねられた事故 宮城県仙台市宮城野区五輪2丁目の国道45号線

事故の概要

2018年1月21日午前4時20分ごろ、宮城県仙台市宮城野区五輪2丁目の国道45号線で、路上に横たわっていた近くに住む鈴木法子さん(40)が乗用車にはねられる事故がありました。

この事故で、鈴木さんは病院に搬送されましたが、全身を強く打っており、意識不明の重体となっています。

乗用車を運転していた男性(70)には怪我はありませんでした。

乗用手の男性は、警察の調べに対して「気づくのが遅れた」などと話しているということです。

警察が事故の状況を詳しく調べています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180121-00000001-tbcv-l04

事故の状況について

鈴木さんは事故直前に、国道の走行車線と追い越し車線の間に横たわっていて事故にあったのが目撃されています。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

病気や泥酔などにより、路上で倒れていることを路上横臥(ろじょうおうが)といい、被害者にも大きな過失が生じる事になります。

道路で倒れていた人をはねてしまった場合の過失割合 (路上横臥ろじょうおうが)

交通事故のスピードと死亡率の関係

住宅街での交通事故の特記事項

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA