交通事故 事故に巻き込まれた公立高校2年生の佐々木萌衣さん(17)が死亡 埼玉県川口市柳崎5丁目の市道交差点

事故の概要

2018年1月21日午前8時20分ごろ、埼玉県川口市柳崎5丁目の市道交差点で、右折の軽乗用車と直進の乗用車が衝突する事故があり、弾みではね飛ばされた乗用車が近くを走っていた自転車にぶつかりました。

この事故で、自転車に乗っていた埼玉県さいたま市浦和区神明に住む県内公立高校2年生の佐々木萌衣さん(17)が病院に搬送されましたが、頭を強く打っており、搬送先の病院で死亡が確認されました。

軽乗用車と乗用車のそれぞれの運転手には怪我はありませんでした。

警察は自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で、軽乗用車を運転していた埼玉県川口市差間に住む会社員の岩波弥恵子容疑者(37)を現行犯逮捕し、今後は容疑を同致死に切り替えて調べる方針です。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20180121/0006508.html

事故の状況について

事故の現場は信号機のある十字路交差点で、片側2車線の市道を草加市方面からさいたま市緑区方面に右折しようとした軽乗用車が、対向車線を直進してきた蕨市のトラック運転手男性(29)が運転する乗用車と衝突し、衝突の弾みで乗用車が、部活のため高校まで自転車で向かっていた佐々木さんをはねてしまったとみられています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

逮捕されなかった乗用車の運転手の男性も罪に問われる可能性があります。

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

信号機のある交差点での交通事故の基本過失割合 ~直進と右折車

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA