交通事故 少年(18)が飲酒運転の車にはねられた事故で、北原真理容疑者(46)を逮捕 愛知県西尾市末広町の信号交差点

事故の概要

2017年1月20日午前0時半ごろ、愛知県西尾市の交差点で、飲酒運転の乗用車と原付バイクが出合い頭に衝突する事故がありました。

この事故で、原付バイクに乗っていた少年(18)が病院に搬送されましたが、胸を強く打っており、意識不明の重体となっています。

警察は乗用車を運転していた愛知県西尾市亀沢町に住む北原真理容疑者(46)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しましたが、その後の検査で呼気から基準値を超えるアルコールが検出されたということです。

北原容疑者は、警察の取り調べに対して「事故を起こしたことは間違いない」と容疑を認めているということです。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180120-00005563-cbcv-soci

事故の状況について

事故の現場は、愛知県西尾市末広町の信号交差点で、北向きに走っていた原付バイクと西向きに走っていた乗用車が出合い頭に衝突しました。

この事故で、原付バイクに乗っていたブラジル国籍の工員のホンダ・ルーカス・ヒデオさん(18)が意識不明の重体です。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA