交通事故 菅野典雄村長の乗用車と少年(19)のバイクが衝突 福島県福島市松山町の国道4号の十字路交差点

事故の概要

2018年1月20日午後7時半ごろ、福島県福島市松山町の国道4号の十字路交差点で、福島県飯舘村に住む菅野典雄村長(71)が運転する乗用車が、福島市に住む少年(19)のバイクと衝突する事故がありました。

この事故で、バイクを運転していた少年は左足骨折の重傷を負ったほか、バイクに同乗していた別の少年(19)も顔面打撲などの軽傷を負いましたが、いずれも命に別条はないということです。

また乗用車を運転していた菅野村長には怪我はありませんでした。

事故の状況について

事故の現場は信号機のある見通しの良い片側3車線の交差点で、菅野村長の乗用車が右折しようとした際に、対向してきたバイクと衝突した事故でした。

村長は仕事先から帰宅する途中で、乗用車には同乗者はいなかった。

菅野村長は平成8年に初当選し、現在6期目ということです。

怪我をされた方が一日でもはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

信号機のある交差点での交通事故の基本過失割合 ~直進と右折車

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA