交通事故 同級生6人が乗るワゴン車の事故で、佐藤司さん(20)と加藤勇祐さん(20)が死亡 埼玉県寄居町折原

事故の概要

2018年1月20日午後4時20分ごろ、埼玉県寄居町折原の有料道路で、ワゴン車がガードレールに衝突する事故がありました。

この事故で、いずれも東京都足立区に住む佐藤司さん(20)と大学生の加藤勇祐さん(20)が死亡したほか、20歳の会社員や大学生3人が胸や足の骨を折るなど重軽傷を負いました。

運転していた東京都足立区に住む少年(19)には怪我はありませんでした。

警察が事故の詳しい原因を調べています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180121-00000552-fnn-soci

事故の状況について

事故の現場は片側一車線の橋の上で、ワゴン車は片側のガードレールにぶつかり、弾みで反対側のガードレールにも衝突していました。

事故を起こしたワゴン車には、19~20歳の中学校の同級生である男性6人が乗っていました。

この日は、朝からきのこ狩りに行き、東京都内に戻る途中だったということです。

車を運転していた少年は免許を取得してから3カ月程度しか経っていなかったということです。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申しあげます。

補足関連記事

単独事故を起こした運転手や同乗者の怪我の治療費や保険金について

交通事故のスピードと死亡率の関係

ガードレールに交通事故でぶつかった場合の対応と罰則、費用について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA