交通事故 高校3年の男子生徒(17)が軽乗用車にはねられる事故で、古田圭容疑者(49)を逮捕 宮城県仙台市太白区袋原4丁目

事故の概要

2018年1月17日午後9時15分ごろ、宮城県仙台市内の市道交差点で、横断歩道を自転車で渡っていた近くに住む高校3年の男子生徒(17)が軽乗用車にはねられる事故がありました。

この事故で、男子生徒は病院に搬送されていますが、頭などを強く打ち、大怪我を負っています。

警察は、軽乗用車を運転していた宮城県仙台市太白区富沢2丁目に住む古田圭容疑者(49)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。

古田容疑者は警察の取り調べに対して「前をよく確認してないかった」と話しているということです。

警察が詳しい事故の原因を調べています。

事故の状況について

事故の現場は、宮城県仙台市太白区袋原4丁目の信号機のない見通しの良い十字路交差点です。

怪我をされた男子高校生が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

被害者が高校三年生だということなので、受験生だとしても、就職するとしても人生の中でも特に大切な時期になるので、怪我から回復することを願っています。

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA