交通事故 軽ワゴン車と乗用車が出会い頭に衝突した事故で、野崎辰男さん(77)が重体 福島県伊達市保原町の市道

事故の概要

2018年1月16日午前9時ごろ、福島県伊達市の市道の交差点で、軽ワゴン車と乗用車が出会い頭に衝突する事故がありました。

この事故で、軽ワゴン車を運転していた伊達市保原町に住む野崎辰男さん(77)が病院に搬送されましたが、頭を強く打っていて、意識不明の重体となっています。

また乗用車を運転していた男性(55)も腹部の打撲などの軽傷を負っています。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6054415811.html

事故の状況について

事故の現場は、福島県伊達市保原町の市道の信号がない交差点で、見通しは良く、野崎さん側の道路に一時停止の標識がありました。

警察では乗用車を運転していた男性から話しを聞くなどして、事故の詳しい原因を調べることにしています。

怪我をされた方が一日でもはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

信号機のない交差点での出会い頭の事故における過失割合について

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA