交通事故 横断歩道をわたる小学1年生の男の子(7)が乗用車にはねられる事故 北海道札幌市豊平区平岸5条14丁目の国道

事故の概要

2018年1月16日午後5時20分すぎに、北海道札幌市豊平区で、横断歩道をわたる小学1年生の男の子(7)が乗用車にはねられる事故がありました。

この事故で、男の子は頭を強く打って病院に運ばれ治療を受けていますが、搬送時には意識があり、会話もできる状態だったということです。

警察は乗用車を運転していた40代の男を過失運転傷害の疑いで、現行犯逮捕しています。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20180116/4433771.html

事故の状況について

事故の現場は、北海道札幌市豊平区平岸5条14丁目の国道で、地下鉄南北線の南平岸駅から東に500メートルほどの「札幌市平岸プール」前の片側2車線の直線道路です。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

事故があった現場は交通量が多い場所で、事故があった時間は会社や自宅に戻る方が多く通る場所なので、混雑していたと思います。

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA