交通事故 職務質問を受けた軽乗用車が当て逃げして逃走 愛知県名古屋市千種区

事故の概要

2018年1月16日午後5時過ぎに、愛知県名古屋市千種区で、警察から職務質問を受けた男性が乗った車が突然バックして、後ろの車と衝突し、そのまま逃走する事故がありました。

この事故で、衝突された車を運転していた男性(35)には怪我はありませんでした。

警察は当て逃げの疑いで、逃げた軽乗用車の行方を追っています。

事故の状況について

愛知県名古屋市千種区吹上で、路肩に止まっていた軽乗用車を不審に思った警察官が車内にいた男2人に職務質問したところ、男は突然、車をバックさせ、後ろから走ってきた車に衝突し、そのまま逃げました。

逃げた軽乗用車は灰色だということです。

警察官が勤務する昭和警察署の山野弘悦副署長は「現時点では適正な職務執行だと考えています」とコメントしています。

補足関連記事

故意にぶつけた事故では、”当て逃げ(対物)”と”ひき逃げ(対人)”では保険の取り扱いが変わります。

警察から逃げるために故意に起こした事故でも、被害者救済のために自動車保険が支払われる?(未必の故意の取り扱い)

交通事故のスピードと死亡率の関係

当て逃げの罪について 罰則や時効について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA