交通事故 尾川大翔ちゃん(5)が乗用車にはねられ死亡した事故で、正親美智代容疑者(66)を逮捕 兵庫県西宮市山口町の県道

事故の概要

2018年1月13日午後5時過ぎに、兵庫県西宮市山口町の県道で、横断歩道を渡っていた尾川大翔ちゃん(5)が乗用車にはねられる事故がありました。

この事故で大翔ちゃんは意識不明の重体のまま病院に搬送されましたが、その後、搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察は乗用車を運転していた兵庫県西宮市すみれ台に住む正親美智代容疑者(66)過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。

正親容疑者は、警察の取り調べに対して「子どもをはねたことに間違いありません」と容疑を認めているということです。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00000006-mbsnewsv-soci

事故の状況について

事故の現場は見通しのよい直線道路にある信号機のない横断歩道です。

大翔ちゃんはひとりでお菓子(アイスクリーム)を買いにいく途中に事故にあったということです。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

信号機のない横断歩道に歩行者がいても9割の車は止まらない。

横断歩道上の歩行者をはねてしまった場合の加害者の責任について

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA