交通事故 勝浦市議の高梨弘人容疑者(40)が飲酒運転事故の身代わりを依頼 千葉県勝浦市同市台宿の県道

事故の概要

2018年1月13日に、千葉県勝浦市議の高梨弘人容疑者(40)が道交法違反(酒気帯び運転)容疑で逮捕されました。

2018年1月12日午後9時50分ごろ、千葉県勝浦市同市台宿の県道で、高梨容疑者は酒気帯び運転で軽乗用車を道路脇の土手に乗り上げさせる単独事故を起こしました。

その後、現場から離れて約1時間後に20代の知人男性の車で一緒に現場に戻り、この男性は現場に駆けつけていた同署員に「自分が車を運転していた」と伝えましたが、話に矛盾があるため、署員が追及したところ、高梨容疑者に身代わりを頼まれたと説明したということです。

高梨容疑者は警察の取り調べに対して「飲食店でビールと日本酒を飲んだ」と、容疑を認めているということです。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180113-00000048-nnn-soci

補足関連記事

交通事故の身代わりの罪と罰則について

単独事故を起こした運転手や同乗者の怪我の治療費や保険金について

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA