交通事故 長谷川浩之容疑者(56)がひき逃げの容疑で逮捕 群馬県高崎市

事故の概要

2018年1月11日午後1時40分ごろ、群馬県高崎市で、軽乗用車が別の軽乗用車に追突し、3台の車が絡む多重事故がありました。

この事故で2人の男性が怪我を負いましたが、追突した軽乗用車は、そのまま逃走しています。

警察は自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、群馬県高崎市中泉町に住む会社員の長谷川浩之容疑者(56)を逮捕しました。

長谷川容疑者は、警察の取り調べに対して、容疑を認めているということです。

事故の状況について

長谷川容疑者は自宅近くの市道で、軽乗用車を運転して高崎市に住む国家公務員男性(29)の軽乗用車に追突し、押された車はさらに前方の会社員男性(25)の軽四貨物自動車に追突しました。

怪我をされた方が一日でもはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

車同士の事故であっても、人身事故で現場から逃走すると、法律上のひき逃げ事故として取り扱われます。

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

ひき逃げ事故の検挙率、発生件数などの実際の数値について

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA