交通事故 小学1年生の男児がダンプにはねられた事故 東京都福生市熊川

事故の概要

2018年1月11日午後4時前に、東京都福生市で、小学1年生の男の子(7)がダンプカーにはねられる事故がありました。

この事故で、男の子は足を骨折する重傷を負っていますが、命に別状はないということです。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180112-00000007-jnn-soci

事故の状況について

事故の現場は東京都福生市熊川の『信号機のない横断歩道』で、小学1年生の男の子(7)がキックスケーターで遊んでいたところ、70代の男性が運転するダンプカーにはねられたとみられています。

「ダンプカーと子どもが事故を起こした」と、近くにいた男性から110番通報をしてくれました。

怪我をされた方が一日でもはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA