交通事故 パトカーに追跡された高校1年の男子生徒のミニバイクが乗用車と衝突 京都府向日市森本町

事故の概要

2018年1月9日午後10時50分ごろ、京都府向日市鶏冠井町で、パトカーに追跡されていたミニバイクが赤信号を無視して交差点に進入し、その後、約500m離れた同市森本町の府道交差点で、乗用車と衝突する事故がありました。

この事故で、ミニバイクに乗っていた男子生徒は、頭にすり傷などを負う軽傷を負いました。

また乗用車を運転していた会社員の男性(35)に怪我はありませんでした。

京都府警向日町署は、ミニバイクを運転していた京都府宇治田原町に住む私立高校1年の男子生徒(16)を道交法違反(信号無視)容疑で現行犯逮捕しました。

男子生徒は警察の取り調べに対して「友達の家に早く行きたかった」などと供述しているということです。

事故の状況について

ヘルメットを着用せずにミニバイクを運転している男子生徒をパトカーが見つけ、停止を呼びかけたものの、これに応じず逃走したため、パトカーが追跡していたということです。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

パトカーから逃げている自動車が起こした事故の自動車保険の取り扱いについて

警察から逃げるために故意に起こした事故でも、被害者救済のために自動車保険が支払われる?(未必の故意の取り扱い)

警察が追跡していた車両が起こした事故で、警察が責任を負う場合とは?

信号無視の違反点数と罰金について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA