交通事故 飲酒運転で事故を起こした荒井郁弥容疑者(24)を逮捕 長野県飯田市吾妻町

事故の概要

2018年1月9日午前3時ごろ、長野県飯田市吾妻町の信号機のある市道交差点で、酒気帯び運転の軽乗用車が、出会い頭に別の軽乗用車と衝突する事故がありました。

この事故で、相手の軽乗用車を運転していた長野県飯田市に住む派遣社員の男性(28)が、右足打撲などのけがを負っています。

警察は、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、飯田市松尾城に住む荒井郁弥(いくみ)容疑者(24)を逮捕しました。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

飲酒運転でも自分や同乗者のために利用できる保険とできない保険について

飲酒運転の自動車の交通事故の被害者になった場合、保険はどうなるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA