交通事故 歩行者をはねたバイクの運転手の男性(38)が死亡 埼玉県さいたま市見沼区東大宮7丁目

事故の概要

2018年1月7日午後0時20分ごろ、埼玉県さいたま市見沼区東大宮7丁目の市道で、歩いていた同区に住む男性(69)がバイクにはねられる事故がありました。

この事故で、男性は左足を骨折するなどの重傷を負いました。

またバイクに乗っていた同区に住む男性(38)は病院に搬送されましたが、搬送先の病院で死亡が確認されました。

大宮東署が男性の死因と事故原因を調べています。

事故の状況について

事故の現場は幅約7.7mのセンターラインのある片側1車線の市道で、現場南側の公園に来ていた男性が衝突音で事故に気付き、110番通報してくれています。

バイクの男性は埼玉県さいたま市北区方面から同市岩槻区方面に進行中に、歩行者の男性をはねて、そのまま隣接する月決め駐車場に止まっていた普通乗用車に衝突したとみられています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

単独事故を起こした運転手や同乗者の怪我の治療費や保険金について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA