交通事故 中倉ハルさん(92)が軽トラックにはねられ死亡 鹿児島県知名町瀬利覚の県道

事故の概要

2018年1月6日午後5時半ごろ、鹿児島県知名町瀬利覚の県道で、道路を歩いて横断していた近くに住む中倉ハルさん(92)が、軽トラックにはねられる事故がありました。

この事故で、中倉さんは救急車で病院に運ばれ手当を受けていましたが、頭などを打っており、約10時間後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

軽トラックを運転していた男性(69)は「気づくのが遅れて、あわててブレーキを踏んだが間に合わなかった」と話しているということです。

警察は、運転していた男性や、目撃者から話を聞くなどして、事故の原因を調べています。

事故の状況について

事故の現場は、片側一車線のゆるやかなカーブの見通しの良い道路で、中倉さんは近所の知人の家を訪れ、その帰りに横断歩道や信号機のない道路を横断していて事故にあったとみられています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

横断歩道じゃない場所を横断する歩行者をはねてしまった場合の過失割合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA