交通事故 タクシーにはねられた男性(68)が意識不明の重体 沖縄県那覇市三原の市道

事故の概要

2018年1月6日午前6時過ぎに、沖縄県那覇市三原の市道で、道路を横断していた那覇市に住む男性(68)がタクシーにはねられる事故がありました。

この事故で、男性は病院に搬送されましたが、骨盤や足の骨を折るなどして意識不明の重体となっています。

タクシーには乗客が乗っておらず、タクシーの運転手にも怪我はありませんでした。

タクシーを運転していた浦添市に住む男性(67)は「ブレーキを踏んだが間に合わなかった」と話しているということで、警察が当時の状況を調べています。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/20180106/5090001568.html

事故の状況について

タクシー運転手は、事故の直前、男性が歩いてきた方向とは逆の方を見ていて、直前になって男性に気づき、ブレーキを踏んだが間に合わなかったと話しています。

警察は、当時の状況を詳しく調べています。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

タクシー共済とは、どんなもの?

タクシーとの交通事故で被害者となった場合 ~タクシー共済との交渉について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA