交通事故 馬場口和久さん(58)がひき逃げされる事故で、青山雄亮容疑者(36)を逮捕 千葉県松戸市小山の市道

事故の概要

2018年1月6日午前1時過ぎに、千葉県松戸市小山の市道で、東京都葛飾区に住む会社員の馬場口和久さん(58)がひき逃げされる事故がありました。

この事故で、馬場さんは病院に搬送されましたが、首などに怪我をしていて、約6時間後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

その後、同日夜に警察へ出頭してきた千葉県市川市に住む飲食店経営の青山雄亮容疑者(36)をひき逃げ等の疑いで逮捕しました。

青山容疑者は警察の取り調べに対して「被害者のけがを見て怖くなって逃げた」などと供述して容疑を認めているとのことです。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20180106/0005872.html

事故の状況について

事故の現場はJR松戸駅から南西に1.5kmほど離れた江戸川沿いの片側1車線の道路で、「道路で人が動かなくなっている」と男性の声で消防に通報がありました。

馬場さんは壊れた自転車のそばに倒れていて、近くには、左前方部分が壊れた乗用車が乗り捨てられていました。

亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。

補足関連記事

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA