交通事故 相原清孝さん(94)が軽乗用車にひき逃げされた事故で、黒川泰誠容疑者(33)を逮捕 愛媛県松山市高井町の市道

事故の概要

2018年1月4日午前11時半ごろ、愛媛県松山市高井町の市道で、電動車いすに乗って道路を横断していた近くに住む相原清孝さん(94)が軽乗用車にひき逃げされる事故がありました。

この事故で、相原さんは市内の病院に搬送されましたが、頭などを強く打っており、意識不明の重体となっています。

警察は、軽乗用車を運転していた松山市小村町に住む黒川泰誠容疑者(33)をひき逃げと過失運転傷害の疑いで逮捕しました。

黒川容疑者は、警察の調べに対して「事故を起こしたのは間違いない。人が倒れたので怖くなって逃げた」などと供述しているということです。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/matsuyama-news/20180104/0000175.html

事故の状況について

事故の現場は、信号や横断歩道のない片側1車線の直線道路で、通報を受けた警察が、現場から1キロほど離れた場所で前方部分が壊れた軽乗用車を見つけ、運転していた黒川容疑者に事情を聞いたところ、はねたことを認めたということです。

怪我をされた方が一日でもはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA