交通事故 小学6年生の男子児童(11)がトラックにひき逃げされる事故で、渋谷長治容疑者(78)を逮捕 埼玉県蓮田市

事故の概要

2018年1月2日午後5時半ごろ、埼玉県蓮田市の市道で、小学6年生の男子児童(11)がトラックにひき逃げされる事故がありました。

この事故で、上尾市に住む男子児童は腰の骨を折る大怪我を負っていますが、意識ははっきりしているということです。

警察は、事故後そのまま走り去ったトラックをの行方を追っていて、ひき逃げ事件として捜査しています。

渋谷長治容疑者(78)を逮捕 2018.1.6追記

県警交通捜査課と岩槻署は2018年1月5日に、自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、蓮田市川島に住む渋谷長治容疑者(78)を逮捕したと発表しました。

渋谷容疑者は警察の調べに対して「黒い荷物のようなものに乗り上げた」と供述していて、容疑を否認しています。

現場周辺の防犯カメラの映像などから渋谷容疑者の関与が分かったということです。

事故の状況について

事故の現場は、埼玉県蓮田市馬込のJR蓮田駅から南東におよそ800m離れた住宅街にある幅4メートルほどの市道で、歩行者用の路側帯が設けられているということです。

男子児童の前を歩いていた父親と姉の話では、男子児童をはねたのは白いトラックで、そのまま走り去ったということです。

怪我をされた男子児童が一日もはやく回復することを願っています。

補足関連記事

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

ひき逃げや自賠責保険に加入していない事故の被害者になった場合の対応方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA