交通事故 荒川和義さん(71)が甥の運転する車にはねられ死亡 秋田県にかほ市平沢の市道

事故の概要

2018年1月2日午前6時過ぎに、秋田県にかほ市平沢の市道で、自転車を押して歩いていた男性(71)が、甥の運転する軽乗用車にはねられる事故がありました。

この事故で、千葉県に住む荒川和義さん(71)が病院に運ばれましたが、およそ5時間後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

事故の状況について

荒川さんは秋田県にかほ市の実家に帰省していて、道路の左側を自転車を押して歩いていたところに、アルバイト先から帰る途中の荒川さんの甥が運転する軽乗用車に後ろからはねられたとみられています。

事故の現場は荒川さんの実家から700mほど離れた見通しの良い片側一車線のゆるやかなカーブの場所でした。

補足関連記事

自分の子供など家族をはねてしまった場合に請求できる自動車保険

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA