交通事故 大型バイクとトラックが衝突した事故で、柴田靖弘さん(52)が死亡 三重県伊賀市下阿波の国道163号

事故の概要

2017年12月30日午後2時5分ごろ、三重県伊賀市下阿波の国道163号で、大型バイクとトラックが衝突する事故がありました。

この事故で、バイクを運転していた京都市伏見区横大路朱雀に住む会社員の柴田靖弘さん(52)が病院に搬送されましたが、胸などを強く打っており、約6時間後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

トラックを運転していた三重県伊勢市浦口に住む会社員の名越智貴さん(46)には怪我はありませんでした。

事故の状況について

事故の現場は片側1車線のきつめのカーブで、柴田さんは仲間3人とツーリングから京都方面に帰る途中で、先頭だった柴田さんのバイクが何らかの原因で転倒し、トラックと衝突したとみています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA